Search
海外旅行ならお得なWiFi
amazon ランキング
楽天市場 おすすめアイテム
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
オススメ
Links
Profile
【総まとめ】苦戦した二人目不妊不育治療費 

テーマ:不妊治療

 

リプロも卒業したので、二人目不妊&不育治療にかかった治療費をまとめます。

(交通費や鍼、漢方、NIPTなどは除く。クリニック代オンリー)

 

 

◆2015年 283,456円(3月~12月)

《MLC》

AIH4回→化学流産3回

 

◆2016年 1,087,256円(1月~12月)

《MLC》

AIH1回

採卵1回(顕微)

5日目5CB移植1回→稽留流産

 

◆2017年 498,465円(1月~12月)

《MLC》

AIH2回

5日目5BC移植1回→陰性

 

 

◆2018年 1,457,427円(1月~12月)

《RCT》

採卵1回(体外&顕微) 

子宮内膜剥離手術

5日目5AA移植→稽留流産

 

 

◆2019年 564,561円(1月~4月)

《RCT》

5日目5AA移植→陽性 現在妊娠継続中

胚盤胞1年凍結更新含む


総額 3,891,165円

 

4年間で約400万円…

リウマチの治療とかその他もろもろ入れたら結構上乗せされるな…

 

 

▽クリニック別比較

《MLC》両角レディースクリニック

1,869,177円

通院3年間 62回(AIH7回 採卵1回 移植2回)

 

 

《RCT》リプロダクションクリニック東京

2,021,988円

通院約1年間 37回(採卵1回 移植2回)

 

 

料金はヘパリン注射がある分、通院期間に比べて妊娠継続中のリプロが高く感じる。

でも、だらだらとAIHや不育に力を入れずに3年間の両角は少しもったいない期間だと感じた…。

 

「まだ若いし、二人目だからすぐできるでしょう」

という楽観的な両角先生よりも、

 

「二人目だからと言っても、検査はしっかりしましょう」

のリプロが合っていたのかも。

お金はかかったけど、そのおかげでいま妊娠継続できているし…。

 

 

実際、32才〜35才の貴重な時間をMLCで潰してしまった…

まぁ良い経験と言えばそうだけど…

 

 

■リプロの良かった点

としては、

 

・採卵時全身麻酔

→多嚢胞の私は沢山育ちすぎるので、MLCの局所麻酔では痛すぎて死にそうになった…

 

・日曜診療

→休診日がないのでスケジュールが自由にできた

 

・サプリの提案

→ビタミンD、イノシトール、亜鉛の調整で結果的に質の良い胚盤胞が沢山できたし、リプロでは100%の着床率だった。

 

・不育症対策

→抗リン脂質とプロテインSが引っかかった私。ヘパリン培養とヘパリン注射&バイアスピリン対策が良かったのかも。

まぁ、ヘパリン注射は安心材料なので、他クリニックではいろいろ言われてはいますが…

あと、全身痣としこりだらけの状態はちょっときついものがあるけどね。

 

・採血がうまい

→東京医科歯科大学で6回失敗された私の脈を一発で取ってくれる人が多かったです。

これは本当にすごい。

 

 

 

■リプロの不満だった点

 

・高い

→自由診療だから、いろいろと加算料金(時間外、針捨てBOX、妊娠中管理など)がちょこちょこある。

単価はそんなに高くなくても、回数かさねると結構な額。

 

・生理中の内診対応

エコー後って結構血だらけじゃないですか…。

MLCはエコー後にさっとウェットティッシュで拭いてくれるのですが、リプロはそのまま。

ティッシュ渡されて内診台で看護師がいる前で自分で拭いてね的な。

そもそもあのオープンな内診台の設計が良くないのかな…。

まぁ、慣れましたが。

 

 

 

 

今日からカテゴリも変更。

まだ流産の不安もあるけど、前向きに行くことが大事だよね!

 

 

▶にほんブログ村   

 ・マタニティカテゴリへ 

posted by: 葵-aoi- | 妊活 | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
15W0D リプロ東京37回目 卒業

悪阻もだんだんと回復傾向に。

 

まだ夕方はそんなに食べられないけど、

なにより歯磨きする時のオエっと感が和らいだ気がする。

 

 

◆11:53 受付(12:30予約)

待合室は9割くらいの埋まり具合。

結構混んでる。

 

◆12:54〜13:01  片倉先生による内診

しばらく更衣室で待つように指示。

 

エコーでも順調に育っている姿が確認できました。

 

CRL 96.6mm

BPD 32.5mm

 

 

分かりにくいけど、左上が頭。

その下に伸びる曲線が背骨です。

 

一旦トイレに戻って13:12に受付に確認したところ、

現在診察まで5人待ちとの事。

 

 

◆13:32 診察室5前に呼び出し

 

 

◆13:36〜13:39 竹内院長の診察

 

先生「問題ないという事で、本日卒業ですね。

バイアスピリンは27w6d、ヘパリンは15w6dまで続けて下さい。

あと、治療が終了したという事で紹介状を作成します」

 

 

私「え…産科にかかってるのに再度紹介状ですか?」

 

先生「はい、処方していた薬をここで終わりますよ、といったものです」

 

……

 

個人的にはそんなもの口頭で良さそうだけど…

なにしろ紹介状って高いのに…

 

と言うのが私の心の声(^^;)

 

 

最後に出産後、リプロに報告するハガキを受け取り、

部屋を出るときに

 

「良い報告お待ちしております」

 

と見送って頂きました。

 

 

◆14:00〜14:07 処置室で残りの薬を受け取る

 

 

◆14:08 会計受付

 

 

◆14:23 会計

 

▽保険適応

再診料 720点

時間外対応加算 30点

明細書発行体制等加算 10点

外来管理加算 520点

診療情報提供料 2,500点

 

計1,130円

 

 

▽保険適応外

バイアスピリン100mg 90錠 1,800円

妊娠中管理加算 410円

超音波検査 3,240円

ヘパリンカルシウム5,000単位 13回分 7,020円

注射針30G 1,404円

ヘパリン注射持ち帰り管理料 1,404円

時間外対応加算 32円

 

計15,454円

 

合計16,584円

 

 

紹介状、保険適応で意外と安くてビックリ。

 

そして、ついに卒業の時がきたのか…と実感。

 

汐留シティセンターはもう来ないのだろうな…

なんて帰りのスタバで感傷に浸っていました。

 

いちご美味なり♪

 

 

 

 

 

▶にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ  

 ・不妊治療情報へ 

 ・二人目不妊へ

 

 

 

 

 

 

posted by: 葵-aoi- | リプロダクションクリニック東京 | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
13W6D 東京医科歯科大学附属病院 産婦人科

今日はめちゃくちゃ寒い!

最高気温10℃以下って…

 

4月も半ばだというのに…そして雨…

 

 

 

◆10:53 総合受付

 

◆10:56 検尿

 

◆11:02 血圧、体重測定をして産婦人科受付

 

血圧114-81

脈拍113

体重 +0.5kg

 

最近夕飯も少しずつ食べられるようになったからかな…

あと寒くて厚着したのもあるか…

体重ちょっとUP

 

 

◆11:07〜11:29 関口先生による診察

あまりの早さにビックリ!

待合室はほぼ満席で混んでいたのに…謎。

 

勿論、尿検査の結果なんて出ておらず…

 

 

まずはじめに体調について聞かれたので、

貧血と悪阻がまだある事を伝えました。

 

その後、経腹エコー

 

CRL 82.5mm

BPD 28.3mm

 

 

相変わらず元気に動いてくれていました♪

 

 

エコー後は、会社に提出する母体健康管理指導事項連絡カードをその場で書いてもらいました。

GW明けからいよいよ復帰予定ですが、

朝の満員電車は流石に辛いので、時差出勤もしくは自宅勤務をお願いする予定。

 

ちなみにこのカード発行にかかるお金は3,240円でした。

高いなぁ…

 

 

◆11:29〜11:35産婦人科受付で院内診断書発行手続きを取ってもらう

 

 

 

◆11:44 計算受付

次回払いを口頭で伝えておしまい

 

◆11:45 証明書窓口受付、前回の支払い

 

 

 

まさかの!1時間未満で完結!!!

過去最速でビックリ!

 

 

次回は1ヶ月後。

その時もそうであって欲しいな…

 

あ、初回の血液検査結果聞くの忘れてた…

 

 

 

 

 

▶にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ  

 ・不妊治療情報へ 

 ・二人目不妊へ

 

 

 

 

 

posted by: 葵-aoi- | 東京医科歯科大学 産婦人科 | 20:06 | comments(6) | trackbacks(0) | - |